プロフィール

aleatorik

Author:aleatorik
WEB版「ミュージシャンのための簡単なギター調整」
http://www.geocities.jp/egoperation/

DVD版「食卓でできるギター調整」
http://www.rittor-music.co.jp/hp/books/guitar2_data/06217304.html

も参考にして下さい。


07年09月「ベースプレート(パワープレート)についての考察」
07年10月「電源ケーブル(うなぎケーブル)についての考察」
07年11月「実戦的ブリッジ調整 別バージョン」
07年12月「ピックアップの極性を反転する」
08年 1月「HotCake勢揃い」
08年 2月「WahWah研究」

記事のリクエストを受け付けます。
こんなことについて書いてほしいというご要望を、コメント欄でお聞かせください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピックについて(改訂版)

以前に書いた記事ですが、改訂版をアップします。昔はこんな文体でも書いていたんですね。なつかしい。

****************************
 楽器屋さんにいくと各種多様なピックが売られている。
 使用するピックの選択はどうしたらよいのだろうか。スタジオでプロミュージシャンの使用ピックを見ると、ポリシーを持っていると見受けられる人と、そうでもない人がいるみたいだ。 インタビューでアール・クルーが答えているところによると、とにかく楽器屋さんにあるピックをすべて一枚ずつ買ってきて、自分にあうものを選べと答えている。 そうするのが理想だが、実際問題としてそうもいかない。そこで、僕が今まで使ったピックから紹介してみようと思う。

***鼈甲が最高*** 
bekkou
(画像クリックで拡大)

まず材質だが、ダントツに良いのは鼈甲(本物)である。触ってみてかたすぎるように思うかもしれないが、弾いてみると「弦離れ」が非常によく意外にかたさを感じない。音の粒だちが良く、コードストローク、単弦弾きどちらも良い。特に両者が混在しているような弾き方のとき、単弦弾きが弱くなってしまいがちだが、鼈甲ピックではその落差が少ない。ほかのピックではかなりピッキングに注意しないと良いバランスにならない。鼈甲で弾いてくれると録音側はとっても楽が出来る。消極的理由でかけるコンプ/リミッター・EQの量を少なく出来る。(積極的理由でかけるコンプ/リミッター・EQについては、この限りではない) エレクトリック、アコースティックともに好結果が期待できる。手に入りづらいことと高価である(¥1000~1500?)ことが玉に瑕である。一時、取り引き禁止になったとの話があったがどうなんだろう?ワシントン条約の条項が誤って伝わったものなんだろうか。現在でも入手できる店はあるので・・・ 選ぶ際の注意としては、さすが「生もの」一枚ずつ音が違うので、何枚か弾き比べて、好みのものを選べばよい。微妙な反りや粘りの違いもあるみたいだ。形状もメーカーによってなのかもしれないが、少しずつ違いがある。 あまり減らないし長い時間使えるのでコストパフォーマンスは良いのかもしれない。昔風のギタリストの話では、指の熱と圧力でしだいに自分の指にぴったり合うように変形してきて、長く使えば使うほど弾きやすくなってくる、ということである。
変形しすぎたものは濡れタオルとアイロンで修整できる。

***クレイトンの半透明はなかなか良い***

 つぎにお勧めなのがクレイトン社の ULTEM TORTOISEという名前が付いたピック(ルックスは半透明で鼈甲模様ではない)である。
clayton
(画像クリックで拡大)

クレイトン社からは白っぽい素材のものもでているが、これではない。 鼈甲のピックを机の上などに落としてみるととても乾いた良い音がするのだが、クレイトンのこれもとてもよく似た良い音がする。弾いてみると、完ぺきに同じというわけではないが、音の傾向がとてもよく似ている。 厚さは5種類ぐらいあって好みに合わせて選べる。どの厚さも、クニャクニャしたりあるいは変にゴツゴツしたりすることも無く、とても弾きやすくしかも音が良い。値段はアメリカのショップで普通のピックの3倍ぐらいの値段で売っているので、ちょっと高め、というところだろうか。

***デルリン製はわりと好きかな*** 

各社からデルリン製のピックが各種でている。JIM DUNLOPやFENDERなどからでているカラフルな艶のあるピックである。
del
(画像クリックで拡大)

この素材は滑りがとても良いみたいで弦にピックが当たっている時間が短く、「弦離れ」がきれいだと思う。アタック時に変な振動を引き起こさないからだと思うのだが、抜けの良いきれいな感じの音がする。一枚のピックによる音の幅は前述の鼈甲・クレイトンほど広くはない。鼈甲やクレイトンULTEM TORTOISEは、じつはピックの厚さをそれほど選ばない。どれを使ってもそれなりの弾きやすさと音がする。デルリン製はそうはいかないみたいなので、各種厚さをそろえて使い分けると良いだろう。値段は普通(¥100ぐらい)、わりとどこのお店にもあって手に入れやすい。 一部のメーカーで仕上げが荒くてバリのようなものがでているものがある。これを気にして使わない人もいるのだが、それをのぞけば良い音がするので工夫して使うのが良いと思う。工夫といっても、ナイフで軽くバリ取りをするだけである。ナイフの刃を直角に近く立てて削り取るようにすると簡単にできる。何種類かのやすりを用意して削って仕上げても良いが、ちょっと工作の知識がないときれいな滑らかな仕上げにはならないので、かえって面倒かもしれない。 ナイフでバリ取りするついでに、ポイントの形状角度を各種作っておければなおバリエーションが増えて便利だ。僕はとんがったものとか丸めのものとか暇なときに作りためている。

***TORTEXも音は好きなんだけど*** 

JIM DUNLOPからでている、艶消し気味のエッジ処理がわりとスクエアなピックである。
tot
(画像クリックで拡大)

汗をかいても滑りにくく、ベースに使っても好印象だ。音は鈍そうな見かけより乾いた音がする。ある種のセラミックっぽい印象すら僕は持っている。 ある仕事での、ギターテクニシャンの奥の手は各種厚さのTORTEXピックだった。それぐらいこれに惚れ込んでいる人もいる。素質は良い。 ただひとつ改善できないのかなと思うことは反っているピックが見受けられることである。厚めの物は良いのだが、薄くなるにつれ反っているものが増えてくる。何か「目」のようなものがあるみたいで、反り方に二種類あるようだ。いずれにしても限度を越えれば弾きにくい。 値段はやはり¥100ぐらいで、どこのお店でも買えるようだ。アメリカでの値段は前述のクレイトンは高くて60セント、デルリン、トーテックスは20~25セントぐらいだ。(安い!) 日本で買うピックは高い。ピックだけを買うなら送料は安いので、僕はもっぱら通販でまとめて買っている。安く手に入れたものなのでミュージシャンにもテスト用に気軽くプレゼントしている。一枚¥100以上ならとてもこうはいかないと思う。

***ナイロンピックと金属ピック*** 

ナイロンピックはある時代を風靡したものだが、僕は今は特殊な場合にしか使わない。アタックのあり方が好きじゃない場合が多いから。しかし、各社から多くのモデルが出ているということは、それだけ売れるということだろうか。ナイロンピックを使うと、まあ、うまそうに聞こえて気持ちが良い、ということは有るかもしれない。僕にはそれがアタックの曖昧さに聞こえてしまうのだが。

 金属のピックは見かけとでる音が違ってめんくらう。以前からステンレスっぽい素材のものがあったと記憶しているが、意外とソフトな音色で驚いたことが有る。テックピックというファイバーのピックを開発しているメーカーで、金属ピックも製作していた。僕がファイバー製のものに興味があり直接連絡していた関係上、何かのついでに試作品や製品化されたものを同封してくれていた。
kinzoku
(画像クリックで拡大)

アルミのもので削り方を変えてみたり、塗装を変えてみたり、磨き方を変えてみたり、合金加工を変えてみたり、真鍮製にしてみたり、銀製を作ってみたり・・・いずれも見かけとは違って、落ち着いた音色で、密かに好きだったりする。とくにしんちゅうのものは重さもふくめてこのみかな・・・ 一部のものは普通に買えると思う。お店には並んでないかもしれないので、メーカーに連絡をとるのが手っ取り早いかもしれない。あっ、これは既に普通ではないか。 金属というと一般に何故か拒否反応が有る。すぐに弦が切れるとかキンキンするとか・・・でも試してみた結果なのかどうか・・・・ フィンガーピックの多くは金属で作られていて、べつに問題なく使えている。またコインで弾いているプロミュージシャンの話はよく耳にする。特に日本の5円玉はピックとして人気がある。穴開きであるということで汗で滑りにくく使いやすいらしい。しかも周りにギザギザがなくて、とても具合良いらしい。来日の際に大量に仕入れていくという話を聞いたこともある。 

***ピックじゃないけど・・***

 ピックじゃないけどバイオリンの弓でギターを弾くというのがある。ジミー・ペイジの得意技。その弓をうんと小さくして指につけて弾く?ようになっているのもある。ピラニアという名前みたいで、魚の絵が描いてあって、その口に指をかみつかせる。
p__1
p__2
(画像クリックで拡大)

現物が今ここにあるが・・・難しい。アコースティックギターでやるほうが簡単で、ソリッドのエレクトリックではとっても難しい。ちゃんと使ってる人を見たことがない・・って、持ってる人に出会ったことも無い。
 それに比べるとEーBOWは大いに使える。
e_bow
(画像クリックで拡大)

命名の由来はエレクトリック・ボウということだろうか。時代とともに3種類ぐらいがでているようで、どれも使って好結果を得ている。

***練習専用ピック*** 

練習専用のピックも有る。
右が練習用。(左は先端をひねって弦との角度を矯正してあるもの)
ren
(画像クリックで拡大)

何種類か有るのかもしれないが、今まで見たものはいずれもピック先端部に変な出っ張りをつけたようなもので、ピックのあたり方が悪いと引っかかって弾けなくなってしまう。やってみたけどかなり難しい。 かと思うと指につけて鍛えるというオモリも売っていて段階に応じて何種類か有るようだ。まったくなんと言ってよいか・・・う~~ん、試してみたい!

***ティアドロップかトライアングルか***

 形状についてはどうなんだろう。僕はティアドロップ(スタンダード)のほうが好きなのだが、仕事で出会う人達は約半々のようだ。一般的にバレーでコードを押さえて、コードストロークで多くの弦を弾く、と言うスタイルの人にトライアングルが多いみたいだ。 反対にコードも2~3弦だけで、単弦によるプレイが多い人はティアドロップを好むみたいだ。ちゃんと弾ければどちらでも良いんだけど、ちょっと気になる。 それからピックを持ったときの手のひらの形状だが、日本人はわりと開いて小指をどこかに着けていたりすることが多い。世界的?にはこのスタイルはむしろ少数派で、軽く手のひらを閉じている人のほうが多いらしい。 ピッキングのスピードということで見てみると、僕の観察範囲では、軽く握っているほうがスピードが速いみたいだ。ストローク、単弦ともに音の立ち上がりが良い。ピックのあたり方もこちらのほうが理想的な状態になりやすいようである。と言うか、ピックのあたり方をちゃんとコントロールできていると言うべきかもしれない。手を開いた状態ではどうしても手首の動き方が制限されるようだ。 もし両方のスタイルで弾ける人がいたら、是非意識して両方の音の違いとピッキングスピード(速いテンポという意味ではない。各ピッキングそのもののスピード)の変化を試してみてほしい。


       (この項 おわり)

<< 新しいスライドバーと複数のカポを使ったプレイ | ホーム | サムピックを作る その1~~5 >>


コメント

ピックについて

こんにちは。

いろいろ見ていてここにたどり着いて・・・

ピックですが、厚みによる好みというのを横に置いて考えて・・・アンフィニカスタムワークスさんのオリジナルピックは鼈甲に近いニュアンスが出て1枚100円ほど、ということでオススメの部類に入ると思います。

ショップの市販品とは違いますが、どこからでも通販で入手できますし、ギターのリペアをお願いしたらそこから返送してもらうときに一緒にしてもらえます。

鼈甲とは違いますが、使いやすいピックだと思います。

まだでしたら一度ぜひお試しくださいませ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。