プロフィール

aleatorik

Author:aleatorik
WEB版「ミュージシャンのための簡単なギター調整」
http://www.geocities.jp/egoperation/

DVD版「食卓でできるギター調整」
http://www.rittor-music.co.jp/hp/books/guitar2_data/06217304.html

も参考にして下さい。


07年09月「ベースプレート(パワープレート)についての考察」
07年10月「電源ケーブル(うなぎケーブル)についての考察」
07年11月「実戦的ブリッジ調整 別バージョン」
07年12月「ピックアップの極性を反転する」
08年 1月「HotCake勢揃い」
08年 2月「WahWah研究」

記事のリクエストを受け付けます。
こんなことについて書いてほしいというご要望を、コメント欄でお聞かせください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Q3HDのウインドスクリーン

ZOOM Q3HDのウインドスクリーンを作る

ZOOMのQ3HDはミュージシャンの間でヒット商品です。とても使い易くて音が良く評判が良いです。
ところがひとつ問題が有って、風のあるところではマイクが吹かれてしまい、ボッツボッツというノイズが多くなってしまいます。
専用のスポンジのウインドスクリーンが用意されていて、吹きをかなり軽減することが出来ます。

純正

これで解決と思いきや収納ケースがスマートでスポンジをつけたままでは収まらないのです。

ケース

それで、ついついスクリーンをつけずに収録して、あとでノイズに悩むということになってしまいます。

というようなわけで、取り付けたまま収納できるウインドスクリーンを作ってみました。

材料
滑り止め用の網状のゴムシート
ストッキング
マジックテープ
接着剤 少々

注意点としては、接着剤がナイロンや使用しようとするゴム素材に適合していることが必要です。

作業手順
(1)ゴムシートをちょうど良い大きさに切ります。僕は15cmx4cm程度の大きさにしています。全面にゴムシートが有るものと、前は穴があいているものと、背面にも穴があいているものとの3種類を試してみることにしました。

ゴムシート

(2)ゴムシートの両端にマジックテープを貼付けます。一方は表側、もう一方は裏側ですね。
(3)ゴムシートの両面にストッキングを貼付けます。接着剤はシートの端の部分だけにつけばよいですから、つまようじなどでごく少量を1~2mm幅ぐらいで塗ります。適当に貼り付いていれば問題無いので、接着剤をしっかり隙間なく塗る必要は有りません。本当に適当でオーケーです。

出来たものはこんな感じです。

できあがり


Q3HDに取り付けるとこんな感じです。

まえ
うしろ
よこ


扇風機の前にQ3HDを置いて吹かれ具合を試してみました。
最も効果があるのはスポンジでした。
次が全面ゴムシートタイプ。
そして穴が大きくなるにつれて吹きは多くなりますね。まあ当たり前ですが。
あとは使用状況でどれくらいまで押さえられれば良いのか、使う方次第だと思います。
ストッキングの枚数などを工夫してみるのも良いですね。

このウインドスクリーンをつけたままケースに収められますので、当初の目的は達成できました。


すべての工作および使用はご自身の判断と責任において行われますことをお願い申し上げます。

(各画像はクリックすると拡大されます)

<< ZOOM G3(12/02加筆) | ホーム | ミニ・マグライトの電池が固着して・・・・ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。