プロフィール

aleatorik

Author:aleatorik
WEB版「ミュージシャンのための簡単なギター調整」
http://www.geocities.jp/egoperation/

DVD版「食卓でできるギター調整」
http://www.rittor-music.co.jp/hp/books/guitar2_data/06217304.html

も参考にして下さい。


07年09月「ベースプレート(パワープレート)についての考察」
07年10月「電源ケーブル(うなぎケーブル)についての考察」
07年11月「実戦的ブリッジ調整 別バージョン」
07年12月「ピックアップの極性を反転する」
08年 1月「HotCake勢揃い」
08年 2月「WahWah研究」

記事のリクエストを受け付けます。
こんなことについて書いてほしいというご要望を、コメント欄でお聞かせください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RMC8とRMC9

めいばん

RMC8 Guitar Eqwahlyzer
グラフィックEQつきWahWahペダルについての考察

リアル・マッコイ・カスタムから待望の新製品が出ました。グラフィックEQがついたギター用RMC8とベース用RMC9です。それぞれギター用とベース用とのことで、ペダル範囲やEQのセッティングが異なっていますが、基本的に同一な部分も多々有ります。ここではRMC8を中心に見て行きたいと思います。
ぜんたい


まず、EQをオフにして音を出してみるとこのワウの性格がわかります。以前にRMCが得意としていたいわゆるブティック・ワウと、最近のRMCが目指していたヴィンテージ・ワウとの、ちょうど中間に位置するように思います。ワウを開いて行くときの荒れ方が心地よいです。手持ちの数機種との比較試奏でもかなり高得点を得ることが出来ます。僕は個人的に最近の傑作のひとつだと思っています。

ペダルの可変範囲はRMC8が約400ヘルツ~1800ヘルツ程度とそれほど広くなく、傾向がRMC5ウィザード・ワウに似ているように思います。
RMC8_g

RMC9はベース用だけあって約180ヘルツ~800ヘルツ程度です。ギター用と比較して、大体1オクターブくらい下をコントロールしていると言えます。
RMC8_b


グラフィックEQの設定周波数はRMC8は 160 400 1k 2.5k 6.3kで、RMC9は 100 250 630 1.6k 4k となっています。ベース用でのこの設定は実音域よりも倍音域のコントロールに主眼をおいているのかもしれません。ゲインの可変範囲はプラス15dBからマイナス15dBとなっていて充分すぎるほどです。
RMC_8_EQ


グラフィックEQのオン/オフはEQ横の小さなプッシュボタンで行えます。EQがオンの時にはLEDが点灯します。このLEDはエフェクトをバイパスしている時にも点灯し続けますので、エフェクトのオン/オフのインジケーターと誤解しないようにして下さい。

コントロールとしてはペダルの下にミニスイッチがあります。これは「ペダル感度」とでも言ったら良いでしょうか、ペダルの変化カーブが微妙に変わります。スイッチを前側にしておくと従来通りのRMCタッチで、後ろ側に倒すとペダルのクイックさが変わります。同時に周波数特性も変わるみたいなので面白い仕掛けです。Teeseさん曰く a faster sweep speed with less Low-end resonannce   というわけです。
スイッチを後ろ側にしたときの変化の度合いは裏蓋をあけてミニスイッチの部分にあるトリマーで調整できます。ファクトリーのセットでは左(反時計回り)に回しきった状態になっています。スイッチを後ろ側にしてこのトリマーを右にいっぱいに回しますと合成抵抗が0になり、音が出なくなります。

僕の好みによる意見ですけど、RMCらしさを求めるのならスイッチを前にして使うのが良いと思います。もしスイッチを後ろ側にして使うとしてもファクトリーセットのトリマーを左にいっぱいに回した状態で良いと思ってます。
but may be adjusted as desired. とTeeseさんは言ってますから 好きずきなんですけどね。Teeseさんとしては当然左いっぱいのファクトリーセットがおすすめだと思います。

もう1箇所の調整ポイントは裏蓋をあけた時、基板の真ん中下側にあるVR21です。これは出力レベルの調整と考えて良いでしょう。グラフィックEQの設定等でレベルマッチが必要となるときにこのトリマーであわせられます。ファクトリーセットではちょうど真ん中12時位置に設定されています。

具体的な使用例
もうお好みで・・・としか言いようが無いのですが、ワウのEQを考える場合、僕はミッドレンジへの着目が肝かな・・と思っています。
RMC8でいうと400と1k。RMC9でいうと250と630なんですけどね。
特にミッドローの充実さ加減で以前からの人気機種の感じを作り出すことが出来ると思います。



ぜひ使いこなして良い音楽を!!

PS;;なおペダルの固さは付属の6角レンチで調整できます。これは便利ですね。


(一部を除いて 画像をクリックすると拡大します)

<< ヘッド落ちの対策 | ホーム | もっと簡単な? ストラップロック >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。