プロフィール

aleatorik

Author:aleatorik
WEB版「ミュージシャンのための簡単なギター調整」
http://www.geocities.jp/egoperation/

DVD版「食卓でできるギター調整」
http://www.rittor-music.co.jp/hp/books/guitar2_data/06217304.html

も参考にして下さい。


07年09月「ベースプレート(パワープレート)についての考察」
07年10月「電源ケーブル(うなぎケーブル)についての考察」
07年11月「実戦的ブリッジ調整 別バージョン」
07年12月「ピックアップの極性を反転する」
08年 1月「HotCake勢揃い」
08年 2月「WahWah研究」

記事のリクエストを受け付けます。
こんなことについて書いてほしいというご要望を、コメント欄でお聞かせください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Callaham ABR-1

カラハム ABR-1の1
(画像クリックで拡大)

カラハムの新しいABR-1ブリッジが届きました。
ギブソンのTune-o-maticにそのまま載せ換え可能なリプレイスメントパーツです。

特筆すべきことはその製造方法です。一般的にこのブリッジは鋳物で作られますが、カラハムでは、スチールのブロックから削り出しています。なんでこんな手間のかかることをするのか・・音がまったく違うようです。

上の写真は左がエピフォンのFVについていたもの、右がカラハムです。重さを量ってみたところ、エピフォンは48g、カラハムは59gでした。

お察しの通り、いつもの実験用FVに取り付けることにしました。カラハムに付属してくるサムスクリューは工夫を凝らしたもののようですが残念ながら、エピフォンのスタッドとは太さが違い、今回は実験できませんでした。こんどまたレスポールで実験してみます。

もうひとつ書いておくべきなのは、ブリッジ自身をスタッドに固定できることです。
カラハム ABR-1の2
(画像クリックで拡大)
6角レンチが付属してきますから、諸々の設定が終わったらこの写真のところにあるネジを締め込んで固定します。

驚いたのは工作精度の高さです。普通のABR-1タイプはブリッジサドルとサドル用ネジが簡単に外れます。それで弦が切れた時などによくブリッジサドルを落としてしまいます。細い針金のリテーナー・ワイヤーがそのような事故を防止しています。
ところがカラハムのABR-1ではサドル用のネジがぴったりとはまっていて、容易には落ちません。というか、サドルを取り外すのに苦労します。僕の好みのサドルの向きというのがあるわけで、その通りにしようと思ったら、なかなか外れてくれません。それくらいぴったりと精度高く作られています。

肝心の音はと言うと、タイト&クリーンです。ぼくのFVの低音は、少しブーミーなところがあったのですが、Lowはあるのにしまっているという、理想的な状態に近づきました。
また各弦の干渉具合が変わったのか、弦の分離が綺麗になりました。サスティーンも伸びたみたい。

これ、とても良いです。Tune-o-maticを搭載している他のギターすべてで試してみたくなりました。要するに、よく考えられた素材でちゃんと工作精度を高く作れば、各種ロスを減らすことが出来て、音が良くなるということみたいです。

カラハム・ギター
callahamguitars

このFV、分離の良いピックアップと分離の良いブリッジとで見違えるようなものになってきました。今後どうなっていくのか・・・ちょっと楽しみです。


追記:ヒューマンギヤでの販売価格が決まったようです。
   詳しくは
   ヒューマンギヤ
   で確認して下さい。

<< spidercapo スパイダーカポ | ホーム | LindyのPure PAFとSplit-Blade >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。