プロフィール

aleatorik

Author:aleatorik
WEB版「ミュージシャンのための簡単なギター調整」
http://www.geocities.jp/egoperation/

DVD版「食卓でできるギター調整」
http://www.rittor-music.co.jp/hp/books/guitar2_data/06217304.html

も参考にして下さい。


07年09月「ベースプレート(パワープレート)についての考察」
07年10月「電源ケーブル(うなぎケーブル)についての考察」
07年11月「実戦的ブリッジ調整 別バージョン」
07年12月「ピックアップの極性を反転する」
08年 1月「HotCake勢揃い」
08年 2月「WahWah研究」

記事のリクエストを受け付けます。
こんなことについて書いてほしいというご要望を、コメント欄でお聞かせください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ECMで遊んでみる

以前になにかに使おうと思ったのでしょう。ジャンク箱からECM(エレクトレットコンデンサマイク)が出てきました。写真はその説明書3種です。4個100円が2種類、2個200円が1種類です。
2個200円つまり1個あたり100円でも高音質の「高級品」とされています。

ECM説明書

これらを使ってなにかを作ってみることにしました。

ECMを使うには電圧を加えなければなりませんが、もしプラグインパワー対応のICレコーダーなどがあれば、サイズの有ったミニプラグ等に接続すれば、それだけで使えるようになります。

ECMのみ




もしプラグインパワーなしでミキサーなどにつなぎたいときは、簡単な電源回路を経由すれば使えるようになります。一般的にはこのようなもので、抵抗やコンデンサの数値や電源電圧等は、ECMに付属する説明書を見て下さい。電源は1.5Vくらいから10Vくらいの間で使えるものが多いですが、僕は大体3V(単3乾電池2本)で使ってます。
ECM電源

マイクユニットをどういう状態でセットするか、これが問題です。


僕が仕事で愛用しているマイクの中にノイマンのダミーヘッドマイクが有ります。
ノイマン

これはたいへん素晴らしいのですが、気軽に使うというのにはちょっと無理があります。
というわけで、ECMを使用してダミーヘッドマイクもどきを作ってみることにしました。
材料は相変わらず100円ショップやDIY店で安く手に入るものばかりです。

これは家に有った180ccくらいがはいるプラスチックのカップです。
ECM小

適当に耳の位置とコードをだすところに穴をあけて、中にはエアコン用のパテを詰めてあります。
耳はなにかのグリップにする波型のゴムがDIY店にあったので、適当に切って、パテで止めてあります。
このパテは硬化せずいつまでも柔らかいままですので、いつでも耳の形を変えて実験できます。
その分ちょっと引っ掛けるとすぐに壊れると言うことも出来ますが。

マイクユニットはケースのちょうど表面のところに来るようにしています。(ためしに短い筒をつけて頭の内部にも入れてみましたが、すごく変な周波数特性になって、使い物にならないような感じでした。)
屋外で試してみると風に吹かれることが判りましたので、これまた適当なスポンジを風よけとしてつけています。


手持ちのICレコーダやZOOMのH2nの外部マイク端子で試してみると、つくりが安易そのものであるにもかかわらず、なかなか楽しめます。
気を良くしていくつかのバージョンを作ってみました。

ECM三種

右側のものは100円ショップのお椀を2個使ったもので、これにはちょっとした増幅回路を入れて、高いレベルで信号を扱えるようにしました。
台を兼ねたケースの中身です。
お椀回路

僕が作った回路の主要部分はこんな感じです。
一応、ECMの電源部が有って、1段増幅して、エミッタフォロワーで信号を出力するようになってます。
回路例


音の感じはどうかと言うと、ノイマンと比較するのはかわいそうというものですが、これはこれなりに、とても楽しめるものです。耳を付け替えたり、形を変えてみたりして、まだ試行錯誤中です。

まだECMが余っていたので塩ビのパイプの両端につけて、やはり耳状のものもつけて試してみました。
ECMパイプ

これはこれでうんと手軽に使えるようなので、もっとちゃんと考えて作ってみようかなと思ってます。


    (この項 一応終わり)
写真をクリックすると拡大します。

各種工作及びご使用は自己責任にてお願い申し上げます。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。