プロフィール

aleatorik

Author:aleatorik
WEB版「ミュージシャンのための簡単なギター調整」
http://www.geocities.jp/egoperation/

DVD版「食卓でできるギター調整」
http://www.rittor-music.co.jp/hp/books/guitar2_data/06217304.html

も参考にして下さい。


07年09月「ベースプレート(パワープレート)についての考察」
07年10月「電源ケーブル(うなぎケーブル)についての考察」
07年11月「実戦的ブリッジ調整 別バージョン」
07年12月「ピックアップの極性を反転する」
08年 1月「HotCake勢揃い」
08年 2月「WahWah研究」

記事のリクエストを受け付けます。
こんなことについて書いてほしいというご要望を、コメント欄でお聞かせください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZOOM G3(12/02加筆)

ZOOM G3

ZOOMからG3とH2nという機種が送られてきました。
数週間お借りしていてよいみたいなので、テストしてリポートしたいと思います。

とりあえずG3から。

ZOOM_G3

概要は内蔵されている各種エフェクターを3個並べて使用できるというものです。
そのコンセプトからしてもたいへん判りやすいもので、機種固有の約束事を2~3おぼえれば、
それ以外はきわめて直感的に使用できます。
ZOOMでは「取り説いらず」を目指しているようです。

まだテスト途中ですが、各種シミュレーションはなかなかよくできているようです。
メーカーページに「本物」と比較したデモ映像が有りますが、興味深い出来です。

こういうシミュレーションでいつも思うのですが、設計したエンジニアの好みが反映されているように思えるのが面白いです。
某社はフェンダーが好きで、某社はブギーが好き、また某社はマーシャルが好きで、某社は、、、、というような具合です。
エフェクト系でも好みの反映と思えるものが有りますよね。


G3に電源を入れたら。まずグローバルスイッチを押して接続先を選びます。これは最終的なトーン設定みたいなものなので好きなものを選べばよいわけなんですが、一応は接続先にふさわしいものを(ダイレクトとかコンボアンプのフロントとか5種類から)選んでおきます。
このページではギター信号の流れを右からにするのか左からにするのかも選べます。普通のエフェクターを並べると考えれば右から左へということになりますが、特にこだわることも無く、ギタリスト本人が判りやすいほうを選べば良いと思います。
またこのページで全体のアウトプットのレベルも決められます。ここで注意することは3個のエフェクト部分をオフにしたときのレベルも変化してしまうということです。つまり全オフでもトゥルーバイバスにはなりません。
それ以外にも固有の設定ノウハウは有りますが、マニュアルが判りやすいので、該当箇所を見て下さい。

このG3を使ってみて思うのは以前紹介したG2との感触の違いです。なんとも表現しがたいのですが、弾く意思との距離というか近さというか親しさというか、そういうものが異なっているように思うのです。
G3の心臓部は新たに設計されたもので、処理速度等が向上しているらしいです。そのようなことが影響しているのかもしれませんね。
デジタルものを比較していて時々こういう印象を持つのが面白い(よくわからない部分)です。

G3の内容は書ききれないぐらい盛りだくさんでちょっとした便利なしかけも随所に見られます。
詳しい仕様や内蔵しているエフェクター、アンプモデル、空間系モデリング等はメーカーページで確認して下さい。

( 12/02 加筆  つづく、かも?)
スポンサーサイト

Q3HDのウインドスクリーン

ZOOM Q3HDのウインドスクリーンを作る

ZOOMのQ3HDはミュージシャンの間でヒット商品です。とても使い易くて音が良く評判が良いです。
ところがひとつ問題が有って、風のあるところではマイクが吹かれてしまい、ボッツボッツというノイズが多くなってしまいます。
専用のスポンジのウインドスクリーンが用意されていて、吹きをかなり軽減することが出来ます。

純正

これで解決と思いきや収納ケースがスマートでスポンジをつけたままでは収まらないのです。

ケース

それで、ついついスクリーンをつけずに収録して、あとでノイズに悩むということになってしまいます。

というようなわけで、取り付けたまま収納できるウインドスクリーンを作ってみました。

材料
滑り止め用の網状のゴムシート
ストッキング
マジックテープ
接着剤 少々

注意点としては、接着剤がナイロンや使用しようとするゴム素材に適合していることが必要です。

作業手順
(1)ゴムシートをちょうど良い大きさに切ります。僕は15cmx4cm程度の大きさにしています。全面にゴムシートが有るものと、前は穴があいているものと、背面にも穴があいているものとの3種類を試してみることにしました。

ゴムシート

(2)ゴムシートの両端にマジックテープを貼付けます。一方は表側、もう一方は裏側ですね。
(3)ゴムシートの両面にストッキングを貼付けます。接着剤はシートの端の部分だけにつけばよいですから、つまようじなどでごく少量を1~2mm幅ぐらいで塗ります。適当に貼り付いていれば問題無いので、接着剤をしっかり隙間なく塗る必要は有りません。本当に適当でオーケーです。

出来たものはこんな感じです。

できあがり


Q3HDに取り付けるとこんな感じです。

まえ
うしろ
よこ


扇風機の前にQ3HDを置いて吹かれ具合を試してみました。
最も効果があるのはスポンジでした。
次が全面ゴムシートタイプ。
そして穴が大きくなるにつれて吹きは多くなりますね。まあ当たり前ですが。
あとは使用状況でどれくらいまで押さえられれば良いのか、使う方次第だと思います。
ストッキングの枚数などを工夫してみるのも良いですね。

このウインドスクリーンをつけたままケースに収められますので、当初の目的は達成できました。


すべての工作および使用はご自身の判断と責任において行われますことをお願い申し上げます。

(各画像はクリックすると拡大されます)

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。