プロフィール

aleatorik

Author:aleatorik
WEB版「ミュージシャンのための簡単なギター調整」
http://www.geocities.jp/egoperation/

DVD版「食卓でできるギター調整」
http://www.rittor-music.co.jp/hp/books/guitar2_data/06217304.html

も参考にして下さい。


07年09月「ベースプレート(パワープレート)についての考察」
07年10月「電源ケーブル(うなぎケーブル)についての考察」
07年11月「実戦的ブリッジ調整 別バージョン」
07年12月「ピックアップの極性を反転する」
08年 1月「HotCake勢揃い」
08年 2月「WahWah研究」

記事のリクエストを受け付けます。
こんなことについて書いてほしいというご要望を、コメント欄でお聞かせください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZOOM G2.1 Nu

zoom G2.1Nu




低価格でありながら、いつも意表をついた優れた面白い製品を作ってくれるのが「ZOOM]という会社です。
以前からの知り合いで、いまはZOOMにいるK氏から「試してみない?」と声をかけられました。
K氏には某社にいらっしゃったときに様々な実験に協力していただいておりました。

というわけで、早速ギターを接続して試してみました。モニターはヘッドフォーンです。
コンパクトサイズなのに実にうまく出来ていて、15分も触っていれば、殆どの操作が直感的に分かるのではないでしょうか。この分かりやすさはとても大切なことだと思います。
音については人それぞれ好みが有りますし、やっている音楽の違いも有ります。それに容易にエディットして好みの音を作れるわけですから、あまり触れなくても良いように思います。
プリセットされている音の感想としては、「飛びもの」のアイディアの良さと、ディストーション系の充実が上げられます。またスティーブ・ヴァイ氏がサウンドメークに参加していることも興味深いです。

このタイプのペダルの場合AMPキャビネットのシミュレーション部分が独立していることが有ります。G2.1Nuもそうなっていて、ダイレクトというスイッチでオンーオフします。いつも言うことですが、このスイッチの名称にはこだわらずに、サウンドのバリエーションとして大いに使うべきだと思います。

G2.1Nuのもう一つの特徴は、USBのインターフェースになっていることです。コンピュータに接続することによって、手軽にデスクトップミュージックを楽しむことが出来ます。僕がお借りした試供品には付属していませんでしたが、市販品にはCUBASE LE5がバンドルされているはずです。
詳しい仕様等はZOOMのページを見て確認してください。

ひとつ僕が思うことは電源の重要性です。G2.1Nuは電池とAC-DCアダプタが使えます。
てもちのAC-DCアダプタ各種で試してみると、微妙ですが、音色が変わるように思えます。特に低音弦の出方、倍音のあり方、バランス、、などが変わるように思えるのです。もし複数のAC-DCアダプタをお持ちの方は、是非 試していただきたいと思います。好みの問題も有りますので、どれが良いとは申し上げられませんけれども。

全体として、低価格で直感的な操作が可能でわかりやすく、好印象です。
ショップで見かけたら試してみる価値は十分にあります。

         (つづく、、かも?)
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。