プロフィール

aleatorik

Author:aleatorik
WEB版「ミュージシャンのための簡単なギター調整」
http://www.geocities.jp/egoperation/

DVD版「食卓でできるギター調整」
http://www.rittor-music.co.jp/hp/books/guitar2_data/06217304.html

も参考にして下さい。


07年09月「ベースプレート(パワープレート)についての考察」
07年10月「電源ケーブル(うなぎケーブル)についての考察」
07年11月「実戦的ブリッジ調整 別バージョン」
07年12月「ピックアップの極性を反転する」
08年 1月「HotCake勢揃い」
08年 2月「WahWah研究」

記事のリクエストを受け付けます。
こんなことについて書いてほしいというご要望を、コメント欄でお聞かせください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘッド落ちの対策

ストラップをつけて持ったときにバランスの悪い楽器はあるもので、ほとんどがヘッドが重くて下がってしまうというものです。コメント欄での発言もいただきましたので、僕がやっていることを紹介したいと思います。

**エンドピンの位置を変える
これはDVDの中で紹介しているのですが、エンドピンの位置をボディの内側に移せる場合の工夫です。
楽器の形状次第ということになりますので一般的ではありません。が、しかし、この程度のことでも問題を解消できる場合があるのだということを知っていただきたいと思っていました。

エンドピン2

エンドピン1

**楽器にオモリを加える
重さのバランスが悪いのだからオモリとなるものを楽器に取り付ければ問題は解消される筈です。
ルックス等に影響しますので、まあ、参考程度ということですね。
キャビティー内に余裕がある場合、そこにオモリを仕込むということも考えられますね。
おもり1

おもり2

**ボディエンド側のストラップにオモリを加えてみる
要するに、ボディーエンド側が重くなればよいわけだから、楽器ではなく、ストラップにオモリを加えるのはどうでしょう。
用意したのは230gと165gの鉛の切れ端と、¥100ショップのケーブルバンドです。鉛でなくとも、適当な重さのものであればオーケーでしょう。
鉛1

鉛にケーブルバンドを接着します。これをストラップの輪になったところの内側あたりに固定してみます。
輪になっていないストラップでもバンドで適当に固定できれば大丈夫でしょう。

鉛2

錘_外観

こんな感じです。
目立たないし、いろんな重さで作れますし、簡単なので良いのではないでしょうか。

**ストラップに滑り止め
バランスの悪さの程度が軽い場合、ストラップを滑りにくくするだけでも効果があります。
この例は、やはり¥100ショップにあるゴムの滑り止めと両面テープを利用した例です。
ちょうど肩に当たるあたりに滑り止めを貼付けます。
滑り止め
ストラップの滑りの悪いのが嫌いな方にはお勧めしませんが。。
それと、ヘッド落ちはある程度防げますが、ヘッド側の重さのため前側に引っ張られる感じがするので、好みが分かれると思われます。



すべての工作および使用はご自身の判断と責任において行われますことをお願い申し上げます。

(各画像はクリックすると拡大されます)




スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。