プロフィール

aleatorik

Author:aleatorik
WEB版「ミュージシャンのための簡単なギター調整」
http://www.geocities.jp/egoperation/

DVD版「食卓でできるギター調整」
http://www.rittor-music.co.jp/hp/books/guitar2_data/06217304.html

も参考にして下さい。


07年09月「ベースプレート(パワープレート)についての考察」
07年10月「電源ケーブル(うなぎケーブル)についての考察」
07年11月「実戦的ブリッジ調整 別バージョン」
07年12月「ピックアップの極性を反転する」
08年 1月「HotCake勢揃い」
08年 2月「WahWah研究」

記事のリクエストを受け付けます。
こんなことについて書いてほしいというご要望を、コメント欄でお聞かせください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっと簡単な? ストラップロック

ストラップロックをまた別のアプローチで考えてみます。
用意するのは細い紐と小型のコードストッパーです。工具はドライバーセットに入っている「穴あけ」など必要に応じて。

ストラップの革部分に細い紐が通るだけの小さな穴を4カ所あけます。
先端側はピン取付け用の穴のちょうど下辺の横あたりがよいです。ピン取付け用の穴の真横ぐらいにすると革がへたっている場合にはうまくロックできないかもしれません。
上側(スリット側)はスリットが終わるところの横くらいが使い易いです。
先端側の穴は革の真ん中当たり、スリット側の穴は間隔を狭めにします。
わかりにくいかもしれませんが写真を参考にして下さい。

紐を通す_おもて

紐を4カ所の穴に通してからコードストッパーにも通します。コードストッパーに通した紐の先は、抜けないように、結び目を作っておきます。
紐は表側にこのようにでるようにして下さい。
先端側に引っ張り用の紐を輪状にして作っておきます。



裏側はこんなかんじ。
うらがわ


使い方

紐を緩めた状態でストラップをストラップピンに取り付けます。
ストラップピンにつけて

つぎにコードストッパーがついている紐をひいて、ストラップピンのスリット側を紐が横切るようにします。写真を参照して下さい。
紐を上側にして

コードストッパーをしめて紐を固定します。これでストラップがかなりの程度にはずれにくくなります。
コードストッパーをしめる


はずす時は、まずコードストッパーを緩めておいて、引っ張り用の紐をひきます。そうすると紐がゆるみますので、ストラップをストラップピンからはずすことが出来ます。
はずす時は


*********  注意すること   *********

注意することは穴の位置の決め方くらいでしょうか。先端側の穴の位置にとくに気をつけて下さい。
もし極端に革がへたっているときには、スリット上を横切る紐がストラップピンからはずれてしまうことが有ります。
そのときには先端側の紐を通す穴を、より先端側にあけ直して試してみて下さい。
またその穴の間隔はあまり狭すぎないようにして下さい。
装着した時に横切る紐の形がストラップピンに密着して「への字」になっている状態が良好です。


使用する紐とコードストッパーは使用される方がよかれと思われるものを選択して下さい。

コードストッパーの小型のものは、僕が購入したものは2個¥120でした。
たぶん、ギタ-1台分用の総予算は¥150~¥200くらいでしょう。

この「紐ロック」は前回紹介した「金属丸座金」などと比較すると、あまり完全ではない「簡易型」であるといえます。
使用に際してはよくテストされることが必要だと思われます。宜しくお願いいたします。






すべての工作および使用はご自身の判断と責任において行われますことをお願い申し上げます。

(各画像はクリックすると拡大されます)



スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。