プロフィール

aleatorik

Author:aleatorik
WEB版「ミュージシャンのための簡単なギター調整」
http://www.geocities.jp/egoperation/

DVD版「食卓でできるギター調整」
http://www.rittor-music.co.jp/hp/books/guitar2_data/06217304.html

も参考にして下さい。


07年09月「ベースプレート(パワープレート)についての考察」
07年10月「電源ケーブル(うなぎケーブル)についての考察」
07年11月「実戦的ブリッジ調整 別バージョン」
07年12月「ピックアップの極性を反転する」
08年 1月「HotCake勢揃い」
08年 2月「WahWah研究」

記事のリクエストを受け付けます。
こんなことについて書いてほしいというご要望を、コメント欄でお聞かせください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡単ストラップ・ロックを作る

というわけで、まず構造の確認ようにわかりやすいものを作ってみます。

**丸座金で作ってみる

丸座金
内径10mm外径22mmの丸座金を用意しました。

その一部を幅7~9mm程度で切り欠きます。
ストラップピンにストラップをつけてから、この座金を差し込んで脱落防止しようという仕掛けです。
くるくる回ってしまっては困りますので適当なゴムひもを接着してあります。ゴムひもをストラップ先端部にかけることで回転をふせぎます。この製作記事では、切り欠き部が常にストラップの先端側になるようにしてます。


使い方はこんな感じです。
(1)ゴムひもをストラップの先端側にかけます。
(2)座金の切り欠き部を上側から差し込みます。
まずゴムをかけて
(3)そのまま奥まで押し込みます。
おしこむ
(4)外す時は、ゴムひもを外してからロックをスライドさせます。

見やすいように太い白いゴムひもを使ってますが、もし実際にこの形を使用するときには、目立たない黒などの細いゴムひもを使用するほうがよいと思います。
丸座金_黒ゴム

fv_丸座金


この形での使用はもちろん可能です。しかし、ちょっと問題があります。
ストラップピンにはいろいろなタイプが有って、ストラップ取り付け部のサイズがまちまちです。
ストラップピン種類
僕は実験用にこのようなものを使ってますが、全部太さが違います。また形状によっては、使用するストラップの革の厚さで、ちょうど良いストラップロックの切り欠きの幅が変わってしまいます。ちょっと広めに作れば対応範囲は広くなります。が、僕は広めに作るのが好きではありません。
自分の楽器とストラップに合わせて、現物合わせで製作すればぴったりのものを作れます。
製作費用は1個あたり¥15~¥20でしょうか。座金は12枚入っているものが一袋¥100くらいです。

**ペットボトルのキャップ

上記のもので順調に使用できますが、金属製は切り欠きの幅の問題など融通がききません。また工作工具の問題もあるかもしれません。
何か良いものは無いか、、例のごとく見回していたら、ペットボトルのキャップが目に入りました。
早速作ってみました。
こんな感じです。
キャップ
(1)キャップの中心付近に直径9mm~10mmくらいの穴をあける。
(2)幅7mm~9mmていどの切り欠きを作る
(3)キャップの横の部分にストラップピンの頭が通るだけの切り欠きを作る。切り欠きの入り口付近のキャップ内部のリブがぶつかるかも。現物合わせで、ぶつかる部分の処理をして下さい。

穴あけや切り欠き作りは専用の道具でやるのが筋でしょうが、今回のものはより簡単な手法でやっています。かなりアバウトですけどちゃんと使えます。
使ったのは半田ごてとカッターとハサミです。半田ごての先で適当な穴をあけていき、カッターで整形し、よけいなバリはハサミで切った、、、というものです。半田ごてのかわりに熱した金属の串でも良いかもしれません。やけどをしないように気をつけて下さい。
穴や切り欠きは少し小さめから始めて、徐々に最適サイズになるようにして下さい。切り欠きは、気持ち狭めのほうが感触がよいです。

大体出来たら現物合わせで確認します。切り欠き部分を差し込んで
切り込みから
滑らせるように押し込んで、蓋の中央部分まできちんと入ればOKです。
すべらせる

多少整形が荒くても適度にたわんでくれます。
中央部まで押し込んだときに、キャップの内側のリブ状のものがストラップピンの頭部分にぶつかる時は、ぶつかったリブ状の邪魔な部分を、あたらないように削り取るなどして、処理して下さい。

装着具合を確認したらゴムひもをつけます。
ゴムひもは真ん中より少し上側(切り欠きの反対側)に寄ったところにつけるのが使い易いようです。この写真のものは試行錯誤の穴があいていますが、気にしないで下さい。
ごむひも

ゴムをストラップの先端にかけて切り欠き部から滑らせて装着する、、、このテストを繰り返してOKになったら、ペットボトルのキャップの高さを低くします。そのままで良い人はそのままで。
荒い紙ヤスリ等で適当に薄くして下さい。
希望通りになったら、キャップの切り口に適当な厚めの紙などを接着して蓋にします。接着してからふちにそってハサミで切ると綺麗に出来上がります。上下がわかりやすい絵柄が使い易いです。
薄くして蓋_切り込みから


実際に使ってみると、こんな感じです。
キャップ使用例


**厚手のピックでも
他のものでも同じように作れますね。これは厚手のピックを使った例です。強度に不安があるので裏側の切り欠きの反対側(上側という言い方も出来るかな)に金属で補強を入れてあります。
厚手のピックでも



************

おすすめは金属加工が出来る方なら金属の丸座金かなあ。信頼性が高いです。

廃物利用で面白く簡単に作れるのはペットボトルのキャップ。使い勝手は非常によいです。
キャップの内側にリブ状のものが有ったり、立体的であることなどが強度の向上につながっています。

いずれの場合も強度的には充分に実用範囲に入っていると思われますが、極端に乱暴な扱いは避けるほうがよいでしょう。

意表をついている(僕はそう思ってます)のはヘアピン曲げです。こんなもので、、、と思われるかもしれませんが、それなりの効果があるのが面白いです。実際の使用では、ヘアピンの先をなにかに引っ掛けたりするかもしれませんし、ヘアピンの割れている先端側がストラップのスリット側にこないような工夫が必要かもしれませんので、注意が必要です。
とっさの場合には、この考え方が役に立つと思いますけど。





すべての工作および使用はご自身の判断と責任において行われますことをお願い申し上げます。

(各画像はクリックすると拡大されます)




スポンサーサイト

ストラップのロックを考えてみる

ストラップの脱落防止はどうしていますか?
僕はシャーラーのロックピンや、プラスチックの円盤状のロックを愛用いたしておりました。

シャーラーetc

だけど、もっと簡単に、安価に出来ないものかと、もういちどストラップの脱落防止を考えてみようと思い立ちました。

**目玉クリップ
どうしてストラップが脱落するのか、、取り付けの逆の動作をしてみました。

abunai

よくみるとストラップの上方のスリットにストラップ・ピンの丸い部分がすべりこみ、外れることがわかりました。この効果が無いとストラップを取り付け出来ないわけですし、取り付けやすいということは外れやすいということも出来ます。
スリットにストラップ・ピンが食い込まなければ外れにくくなると思い、特に深く考えないで手近に有った目玉クリップで挟んでみました。


medama


これ、意外と大丈夫です。ルックスの問題は有りますけどね。とりあえずストラップの脱落は防げるみたいです。なんの工作もいらず、せいぜい目玉クリップのサイズを選ぶだけで出来る、最も簡単で効果的な方法であるといえるかもしれません。
しかし、これではあまりにも・・・なんで、、、ようするにストラップをつけた状態で、ストラップ・ピンの上側に何か横方向の障害物が有れば、スリットにストラップ・ピンが食い込まないわけで、目玉クリップ以外のものを考えてみます。

**ヘアピンはどうか?

これまた手近に有ったヘアピンを曲げてみました。

pins

折り曲げ角度がつきすぎると折れますので程々に。
手元に有ったものの長さがちょっと長かったので、一番下にあるものは適当に短くしています。切り口は鋭利なのでヤスリで丸め、さらにホットグルーをつけてあります。

これをストラップをつけたあとのストラップ・ピンにとりつけます。ヘアピンはまっすぐなほうを上側にするほうが効果的です。これ重要です。

ヘアピンの先を少し開き気味に曲げてありますので、先端部分をストラップ・ピン部に差し込みます。

pin1

そのまま押し込んでいくとこのようになるわけです。

pin2

ストラップ・ピンにはいろいろなサイズがありますから、使用しているピンにあわせてヘアピンの曲げ方を変えると具合の良いものを作ることが出来ます。
ものがきわめて安価ですから、もし失敗しても心置きなく次のヘアピン曲げに取りかかることが出来ます。

**
このヘアピンでも効果は期待できます。しかしもっと「ちゃんと考えた!」ふうのものは作れないものでしょうか。次回はもうすこし工作らしいことをしたストラップ・ロックを紹介します。



        つづく

(各画像はクリックすると拡大されます)

(なお、すべての工作および使用はご自身の判断と責任において行われますことをお願い申し上げます)





| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。