プロフィール

aleatorik

Author:aleatorik
WEB版「ミュージシャンのための簡単なギター調整」
http://www.geocities.jp/egoperation/

DVD版「食卓でできるギター調整」
http://www.rittor-music.co.jp/hp/books/guitar2_data/06217304.html

も参考にして下さい。


07年09月「ベースプレート(パワープレート)についての考察」
07年10月「電源ケーブル(うなぎケーブル)についての考察」
07年11月「実戦的ブリッジ調整 別バージョン」
07年12月「ピックアップの極性を反転する」
08年 1月「HotCake勢揃い」
08年 2月「WahWah研究」

記事のリクエストを受け付けます。
こんなことについて書いてほしいというご要望を、コメント欄でお聞かせください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最も簡単なコンタクトピックアップを作る

前回までに書いたこともそれほど難しいものではありませんが、もっと簡単な、おそらく考えられる手法で最も簡単なチューニング用「コンタクトピックアップ」(コンタクトマイク)の作り方を書きます。
便宜上、作ると書いてますが、実際になにかを工作するようなことは、ほとんどありません。

用意するもの

・なんと呼ぶのか知りませんが女性が髪をまとめたりするときに使用するゴムのバンド
・適当なイヤフォーン
・ミニから標準への変換プラグ(モノがベターだけどステレオでもよい。注意は後述)

簡単に揃う

手順

1 変換プラグにイヤフォーンのミニプラグを差し込みます。

モノ変換

変換プラグは、このようにモノのものがあれば非常によいです。

ステレオのものでも使えますが、先端から二番目の接点のところをインプットジャック部でパワーのオンオフに使っているエフェクターが多いので、今回の状態のステレオプラグをエフェクターにつなぐとおかしなことになると思われます。ステレオの変換プラグを使用した場合には、あくまでチューニングメータ(インプット部でパワーのオンオフをしないもの)での使用にかぎるのがよいです。
ステレオ変換

2 ギターのヘッドなどにゴムバンドを巻き、イヤフォーンのL側を写真のように差し込みます。

簡単取り付け

L側を差し込むのは、プラグの先端のチップ側にLがつながっている筈だからです。ところが不思議なことに、100円ショップのイヤフォーンではRが先端に接続されているものもあります。ですからLを挟んでうまくいかない時はRを挟んでみて下さい。考えるのが面倒だったら両方差し込んでもよいですけどね。

3 プラグをチューニングメータに接続してチューニングします。

以上です。イヤフォーンとゴムバンドと変換プラグ、これだけあればチューニング用コンタクトピックアップ(コンタクトマイク)になるわけですから、本当に簡単だと思います。ゴムベルトは小さめの直径のものが具合が良かったです。

変換プラグはなにかを買ったときにおまけでついてきたものばかりです。

簡単ですので是非お試しください。
製作その他諸々のことは自己責任でお願い申し上げます。

(画像はそれぞれの画像クリックで拡大します)


補足  その後の調べで、入力感度の低いチューニングメータもあることがわかりました。そのようなチューニングメータを使用しているときにはイヤフォーンを利用したコンタクトマイクは出力が不足する場合も有ります。そのことをご承知おきください。
ゲインブースト出来るエフェクターを間に入れれば問題は解消します。その為にもモノの変換プラグがあるとよいですね。



スポンサーサイト

チューニング用コンタクトピックアップ製作

ジャンク箱を整理していたらピエゾのブザーが出てきました。

ピエゾ

ピエゾを使った各種実験のときに一袋数百円で買ったものの残りでしょう。
何か使い途はないかと考えてみました。
すると台所の小物掛けが目に入りました。フックがついた吸盤で、レバーを倒すとぴったりと吸い付くというもので、100円ショップで買ったものです。

吸盤フックと

このふたつを組み合わせるとチューニング用のコンタクトピックアップが出来るのではないだろうか・・・そう考えて試してみました。
フック部分は邪魔なので切り取り、レバー部分に両面テープでピエゾブザーを貼付けます。

両面テープで

ピエゾをケースごと貼付けていますが、中身をだして貼付けてもよいです。
適当なシールド線をつないで、線がぶらぶらしすぎないように接着剤などで工夫すれば良いと思います。
ギターの適当なところに吸い付けてアンプから音を出してみると、まあ、それなりの音がします。チューニング用ピックアップとしては充分でしょう。

たまたまあった材料で作ってみましたが、この為だけに部品集めをして作ることは無いと思います。市販の同機能の製品を買うほうがベターだと思われます。

しかし15分くらいの作業でコンタクトピックアップを作れたので満足しています。使い心地はなかなか良いです。


***********************************************************

前回の吸盤タイプはギターの各部に貼ることが出来て、各所の振動具合を知ることが出来るので、面白いです。
しかし、使い勝手では、クリップタイプのほうが良さそうに思えます。クリップタイプは、ヘッドとか、取り付け場所がかぎられますが、チューニング目的には充分です。
というわけで、物干用クリップにピエゾを貼付けて、クリップタイプを作りました。

クリップ

たいへん便利に使えています。
ここでもやはり問題なのは、ピエゾがそんなに簡単には家庭にないことです。わざわざ専門店で部品集めをするようではこの記事の意味が半減します。何か簡単に手に入るものは・・・ありました。

100円ショップで売っているイヤフォーンと大きめの洗濯バサミ、これなら手に入りやすいでしょう。
ステレオイヤフォーンの片側(つまり50円)と10個で100円の洗濯バサミ(1個あたり10円)それにプラスアルファーで適当なプラグ付きシールドがあればクリップ式のコンタクトマイクが出来そうです。

イヤフォーン

このふたつを組み合わせてみると、なんとぴったりと収まりそうです。

ぴったり

適当におさめてホットグルーで固定しました。シールドもつないでさらにグルーで固め、結束バンドで固定しています。

完成

この写真のものは洗濯バサミの先端を切り取ってありますが、特にそうしなくてもよいです。(ちょっと試したいことがあって切り取りましたので)

このイヤフォーン利用は出力が小さいです。アンプにつないでみるとピエゾよりずっと小さな音しか出ません。しかしチューニングメーターに接続すると期待通りの働きをしてくれます。楽器のヘッドなどにぴったりと押し付けられている為か、外部の音がかなりある場所でも快適にチューニングをあわせることが出来ます。
総経費 60円プラスアルファのチューニング用マイクとしては成功なのではないでしょうか。


取り付け



(各画像はクリックで拡大します)

(ちなみにこの記事で使用しているイヤフォーンはどこかでただで貰ったもので、100円ショップで購入したものではありません。家庭にある使用しなくなったものなど、ほとんどのイヤフォーンで製作出来ると思います)


補足  その後の調べで、入力感度の低いチューニングメータもあることがわかりました。そのようなチューニングメータを使用しているときにはイヤフォーンを利用したコンタクトマイクは出力が不足する場合も有ります。そのことをご承知おきください。
ゲインブースト出来るエフェクターを間に入れれば問題は解消します。もしよければおためしください。



| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。