プロフィール

aleatorik

Author:aleatorik
WEB版「ミュージシャンのための簡単なギター調整」
http://www.geocities.jp/egoperation/

DVD版「食卓でできるギター調整」
http://www.rittor-music.co.jp/hp/books/guitar2_data/06217304.html

も参考にして下さい。


07年09月「ベースプレート(パワープレート)についての考察」
07年10月「電源ケーブル(うなぎケーブル)についての考察」
07年11月「実戦的ブリッジ調整 別バージョン」
07年12月「ピックアップの極性を反転する」
08年 1月「HotCake勢揃い」
08年 2月「WahWah研究」

記事のリクエストを受け付けます。
こんなことについて書いてほしいというご要望を、コメント欄でお聞かせください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Callaham ABR-1

カラハム ABR-1の1
(画像クリックで拡大)

カラハムの新しいABR-1ブリッジが届きました。
ギブソンのTune-o-maticにそのまま載せ換え可能なリプレイスメントパーツです。

特筆すべきことはその製造方法です。一般的にこのブリッジは鋳物で作られますが、カラハムでは、スチールのブロックから削り出しています。なんでこんな手間のかかることをするのか・・音がまったく違うようです。

上の写真は左がエピフォンのFVについていたもの、右がカラハムです。重さを量ってみたところ、エピフォンは48g、カラハムは59gでした。

お察しの通り、いつもの実験用FVに取り付けることにしました。カラハムに付属してくるサムスクリューは工夫を凝らしたもののようですが残念ながら、エピフォンのスタッドとは太さが違い、今回は実験できませんでした。こんどまたレスポールで実験してみます。

もうひとつ書いておくべきなのは、ブリッジ自身をスタッドに固定できることです。
カラハム ABR-1の2
(画像クリックで拡大)
6角レンチが付属してきますから、諸々の設定が終わったらこの写真のところにあるネジを締め込んで固定します。

驚いたのは工作精度の高さです。普通のABR-1タイプはブリッジサドルとサドル用ネジが簡単に外れます。それで弦が切れた時などによくブリッジサドルを落としてしまいます。細い針金のリテーナー・ワイヤーがそのような事故を防止しています。
ところがカラハムのABR-1ではサドル用のネジがぴったりとはまっていて、容易には落ちません。というか、サドルを取り外すのに苦労します。僕の好みのサドルの向きというのがあるわけで、その通りにしようと思ったら、なかなか外れてくれません。それくらいぴったりと精度高く作られています。

肝心の音はと言うと、タイト&クリーンです。ぼくのFVの低音は、少しブーミーなところがあったのですが、Lowはあるのにしまっているという、理想的な状態に近づきました。
また各弦の干渉具合が変わったのか、弦の分離が綺麗になりました。サスティーンも伸びたみたい。

これ、とても良いです。Tune-o-maticを搭載している他のギターすべてで試してみたくなりました。要するに、よく考えられた素材でちゃんと工作精度を高く作れば、各種ロスを減らすことが出来て、音が良くなるということみたいです。

カラハム・ギター
callahamguitars

このFV、分離の良いピックアップと分離の良いブリッジとで見違えるようなものになってきました。今後どうなっていくのか・・・ちょっと楽しみです。


追記:ヒューマンギヤでの販売価格が決まったようです。
   詳しくは
   ヒューマンギヤ
   で確認して下さい。
スポンサーサイト

LindyのPure PAFとSplit-Blade

pure_paf
(画像クリックで拡大)

Lindyの新製品2種が届きました。
Pure PAFとSplit-Bladeです。

まず手始めにPure PAFから。
結局いつもの実験用のフライングVに装着しました。
ピックアップ高さは一応ギブソンの標準程度に合わせました。
ポールピースは梱包されていた時のままで触っていません。ネジの頭を見ると微妙に調整されているような気もしています。ですからこれがLindyサイドの意志と受け止めることにしました。

早速音を出してみると、上品!!!そのものです。出力は小さめでとてもクリヤーです。弦の分離が非常に良い。これはちょっと弾き手や音楽を選びそうな気がします。すごく真っ当に良い音なんだけど、僕の手には余るかも。というわけでピックアップ全体を少し上げて、わずかに出力が上がる方向にしました。ごく僅かなんですけど、俄然弾きやすくなりました。
全体に誇張が無く、特に高音域のスムーズさは好感が持てます。

ここで初めてスペックをチェックしました。(事前に調べると音の判断がそれに影響されてしまいそうです)
ネックが約7.5Kオーム、ブリッジが約8Kオームと、最近のピックアップの中ではターン数が少ないほうだと思います。さらにLindyのページによればマグネットも弱めにしているらしいです。これらの事やコイルの線材の選択などで、『純粋に』オールドっぽいPAFの音を実現できたようです。
Lindyのページの売り文句でも、そのクリヤーさ、分離の良さが書かれています。僕の印象は間違っていなかったと、一安心しました。

リプレイスメントピックアップでこれくらい誇張が少ないものも珍しいのではないでしょうか。一般的に、特徴を出そうとしてか、派手めになる傾向があるように思いますから。
ターン数の多いパワーで押すピックアップからPure PAFに載せ換えるとその繊細さに戸惑うかもしれません。
はったりの無い音ってちょっと怖いですけど、なんとか頑張って弾きこなせるようになりたいと思っています。

************************************

lindy_split
(画像クリックで拡大)

次はLindyのSplit Bladeです。
これは形から言って高音側と低音側にそれぞれコイルを持ったハムバッカーだと思われます。
写真で見てわかる通り、底面にヨークを形成するような金属板が取り付けられています。実際の構造がどうなっているか、詳しいことはわかりませんが、興味深いです。
カラーは写真にある黒と、白との2種類があります。僕がストラトにつけたのは写真のものとは違って白いものです。
出力に3種類あって、Vintage、Blues、High Outputとなっています。
僕が使っているのは基本的にVintageのはずなんですが、一部はBluesかもしれません。ちょっとラベルが混乱しているようでよくわかりません。

取り付けたギターは70年代のフェンダーストラトにフロイト・ローズをつけたものです。
ピックアップ高さはいちおうフェンダーの標準値を参考にしてみましたが、フェンダーのオリジナルピックアップと同様に考えても良いものかどうか、ちょっとわかりません。音を出しつつ調整することになりそうです。

出力は結構あります。
音の感じは、言葉で言うのは本当に難しいのですが、いわゆるシングルとは違うと思います。オリジナルのピックアップが持っていたザックリ感が少し足りないように思うのです。
とは言っても、他のシングルサイズのハムバッカーなどと比較試聴しましたが、Split Bladeの音はなかなか良いと思います。イメージとしてはいわゆるハムバッカーとシングルのちょうど中間で、少しシングルよりなのかなと思います。
またレンジは実効的な中音域に集中している感じです。歪ませる場合を考えると、余分な成分が押さえられていて、かえって都合が良いのかもしれません。
ノイズの少なさなどから考えても、歪みメインでたまにクリーンも使うというような使途にちょうど良いのではないでしょうか。

ピックアップ高さは結局これの場合も標準より少し高めに設定することになりました。すっきり感をのぞむなら標準か僅かに低めぐらいが良さそうなんですけどね。残念ながら僕のプレイが追いつきません。
この状態でしばらく使ってみます。

Lindy Pickupについてのお問い合わせはヒューマンギヤまで。
ヒューマンギヤ



     

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。