プロフィール

aleatorik

Author:aleatorik
WEB版「ミュージシャンのための簡単なギター調整」
http://www.geocities.jp/egoperation/

DVD版「食卓でできるギター調整」
http://www.rittor-music.co.jp/hp/books/guitar2_data/06217304.html

も参考にして下さい。


07年09月「ベースプレート(パワープレート)についての考察」
07年10月「電源ケーブル(うなぎケーブル)についての考察」
07年11月「実戦的ブリッジ調整 別バージョン」
07年12月「ピックアップの極性を反転する」
08年 1月「HotCake勢揃い」
08年 2月「WahWah研究」

記事のリクエストを受け付けます。
こんなことについて書いてほしいというご要望を、コメント欄でお聞かせください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G2.1Nuのコントロールインを試してみる


G2.1Nuをよく見てみるとコントロールインというジャックが有ります。ここにはオプションのフットスイッチやボリュームペダルをつなぐことが出来ます。
コントロールインにつなぐものは何とかならないものだろうか、、と思ってちょっと試してみました。

第一の方法はステレオYケーブルをコントロールインに接続して、その先の2本のプラグを、ごく普通のパッシブ型のボリュームペダルのイン・ジャックとアウト・ジャックに接続しました。(公認の方法ではありませんのでこの段階では詳しく書きません。すべての工作および使用はご自身の判断と責任において行われますことをお願い申し
上げます。)

そうしたところ、僕が所有するパッシブ型ペダルは、外付けのボリュームペダルとして普通に使えることが分かりました。
(各種ボリュームペダルで同様に動作するとは保証できません。あくまで僕の場合には、うまくいきました)

しかし、まあ無理してコントロールインにつながなくても、G2.1Nuのインプットジャックや、アンプを使用する場合にはアウトプットジャックにボリュームペダルをつなげば良いわけなんですけどね。
外部ペダルはボリュームペダル以外にはアサインできないみたいです。

ボリュームペダルが外部にあると、内蔵ペダルはワウやモジュレーションやディレイやリバーブのパラメータにふることが出来るので、使い勝手が非常に良くなります。

さらに考えてみるとフットスイッチも同時に使える方が便利そうだと思いました。そこで6Pのモーメンタリー・スイッチと若干の抵抗とボリュームペダルを組み合わせてみました。
これは上記の方法以上に【公認の方法ではない】わけで、詳細を書くのがはばかられます。ZOOMさんの公式見解が得られれば発表するつもりです。
一応便利に使えていますけどね。

外付けフットスイッチの動作はバイパス/ミュートチューニングモードとか、バンクアップとか、ディレイホールドとか、いろいろ選べるようになってます。本体のグーローバル設定でえらべるようになってます。が、しかし、僕が作ったスイッチは、、コントロール信号の内容が異なるのでしょうか、、ディレイ系のコントロールには使えません。他は予定通り便利に使えるんですけど、、何故だろうと思ってさらに試行錯誤中です。

作ったものは、いつものごとく廃物利用でこんな感じです。

G2コントロール

手持ちに6Pのスイッチが無かったので3Pのものをコインで連結して同時に切り替わるようにしています。現状ではコイン部分を足で押すのにこつが要りますが、そのうちになにか工夫をしてみようと思ってます。

それから、僕が今回作ってみた回路では若干の問題があります。フットスイッチを切り替えたときにボリューム情報が途切れてしまいます。ちょっと気をつければその影響から逃れることが出来ますので、「まあいいか・・・」といういつもの感じになってます。

すべての工作および使用はご自身の判断と責任において行われますことをお願い申し上げます。

(各画像はクリックすると拡大されます)


            (さらにつづく?  かも)








<< ミニ・マグライトの電池が固着して・・・・ | ホーム | ZOOM G2.1 Nu >>


コメント

G2.1Nuのユーザーです。
大変有用な情報をご提示いただき、
ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。